少しは資金を用意しよう

投資家に出資してもらおう

始めるタイミング

クラウドファンディングができるサイトがあります。
そこに会社名や代表者名、事業内容などを記載するだけで、クラウドファンディングを開始できます。
厳しい審査を受けずに、すぐ開始できる面がメリットですね。
しかし少しずつ複数の投資家に出資してもらい、資金を得る方法です。
つまり1か月など、短い期間でまとまった金額を得られる方法ではありません。

半年から、1年ぐらい掛かるのが一般的です。
ですから今起業したいという時に、クラウドファンディングを始めても間に合いません。
良いタイミングを逃すので、その前から始めてください。
計画を早めに考えることで、どのタイミングでクラウドファンディングを始めれば間に合うのかわかります。

返礼品を渡そう

受け取った資金を返済しなくても良いですが、出資してくれた人たちを無視しないでください。
丁寧にお礼を伝えることで印象が良くなり、継続的に資金を援助してくれるなど、応援してくれると思います。
その時にお礼の言葉だけでなく、返礼品を用意しましょう。
それが、クラウドファンディングのルールです。
良い返礼品を用意することで、それ目当てに出資してくれる人が増えます。

なかなか出資されない時は、返礼品に問題があると思ってください。
需要がある返礼品にするためには、世間での需要を見極めることがポイントです。
世間で何が流行っているのか、みんなは何を求めているのか理解してください。
世間の需要に合わせないと、スムーズに資金が集まりません。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る