ゼロ円起業は危険?資金調達と開業

少しは資金を用意しよう

資金を用意した上で起業する

起業する際は、資金が必要だと思ってください。 ゼロ円起業という言葉がありますが、成功させるのは難しいです。 とくに企業に関するノウハウを持っておらず、今回が初めての起業になる人は、ゼロ円起業ができないでしょう。 ですから、資金調達が必須と言われます。

ゼロ円起業とは何なのか

ゼロ円起業とは、その名前の通り全く資金を持たない状態で起業することを言います。
実際にゼロ円起業を行い、成功する人が見られますが、かなり難易度は高いと思ってください。
その理由は、資金がないとトラブルがあった時に対応できないからです。
会社の経営を続けていると、急にまとまった金額が必要になる事態が訪れます。
その時に対応できないと困るので、少しは資金を確保してから起業するのが安全です。
ちなみに工夫すればゼロ円とまではいかなくても、少ない金額で起業する方法があります。

リスクが低い方法が良いなら、クラウドファンディングがおすすめです。
クラウドファンディングは投資家を募り、出資してもらう方法です。
なぜリスクが低いのかというと、集まった資金を返済する必要がないからです。
簡単に始められるので、起業したいと思った時に始めましょう。
資金が十分に集まるまでに時間が掛かりますが、早くから始めていれば間に合うと思います。

金融機関に相談して、融資を受けても良いでしょう。
審査を通過しなければいけないので、誰でもできる方法ではありません。
しかしすぐに資金調達ができる面がメリットで、起業してからもお世話になる機会が多いです。
急にまとまった資金が必要になった時は、この方法で資金を得てください。
審査を通過するポイントは、事業内容を詳しく説明することや、返済する意思があることをアピールすることです。
丁寧に書類を作成し、提出しましょう。

投資家に出資してもらおう

資金調達には様々な方法がありますが、リスクが大きい方法もあります。 失敗すると会社が倒産する危険性があるので、リスクが低い方法を選択してください。 それが、クラウドファンディングです。 クラウドファンディングは資金を返済する必要がなく、気軽に使えます。

融資をしてもらおう

金融機関に、資金を融資してもらう方法もおすすめです。 すばやく資金調達ができますが、審査を通過しなければいけませんし、借りた資金を返済しなければいけないので、クラウドファンディングよりもリスクが高いと考えてください。 計画的に利用して、うまく返済しましょう。

TOPへ戻る